2016年05月10日

大きなマグカップ

今年も有田陶器市に行ってきました。

いわゆる「有田焼」を買うことは稀で、
気がつけば土ものばかりが手元に集まってます。

今年のヒットアイテムはこちら。

FullSizeRender.jpg

有無を言わせぬ大きさのマグカップです。
容量を測ったところ、なんと500mlも入りました。

普段私は急須を使わず、
マグカップにそのまま茶こしをセットしてお茶を入れます。
一度にたっぷりと入れて、ちびちび飲むので
大きなマグカップは生活の必須アイテム。

これまでもビアカップなら大容量のものがあったのですが、
どうもフォルムや色が私好みのものではなく、
他にも譲りたくない条件(下記)があったので、
探しあぐねていました。

色々ウルサイ私の条件
・とにかく大きい
・大きいけれど重さが苦にならない程度であること
・できれば土もの
・茶こしがセットできる直径であること
 (大容量でもカフェオレボウルは不可)
・取っ手は4本の指を入れてしっかりと持てること
・取っ手にあたる指が痛くならないもの
 (取っ手のはじっこ、本体にくっついている部分が指にあたって、
 痛いものがけっこう多い)
・手が出せるお値段
・これでいいではなく、これ「が」いいと思えるもの

探し始めてもう3年にはなろうかという今年、
ついにこのマグカップと出会ったのです。
大分の作家さんの作品で、その名は「ワイルドマグカップ」。

口あたりもよく、とにかく持ちやすい!
ほうじ茶や煎茶をたっぷり入れ、毎日美味しく頂くという幸福…。
使い込むほどに風合いも変わるそうですので、
これからが楽しみです!





福岡市南区の、印刷も≠ナきる印刷会社 重松印刷。 ホームページも集客もお任せ!

posted by しげぷり at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Dです。