2018年08月06日

ほまれの・・・

こんにちは、村瀬です。

今日もブレずにおやつのお話です目

今回のタイトルにあります「ほまれの」。

意味を調べると、人が誉めたたえるほどの(喜ばしい)評価・評判。名誉。と出てきました。


この「ほまれの」を商品名につけたお菓子が思い当たるところで2つあります。

1つは、熊本銘菓「誉の陣太鼓」。
(画像お借りしました)
hp_slider_jindaiko.jpg


もう一つは、伊勢名物「ほまれの赤福」。

IMG_7245 (1).jpg

当然、どちらも大好きな私ですが、今回は赤福のお話です。



先日、お客様よりお土産として赤福を頂きました。

IMG_7243 (1).jpg

おやつの時間に食べようと封を開けたところ、いつもの木製のヘラと一緒に
イラストが載ったお便りが入っていました。

その端っこに、このような記載が。

IMG_7244 (1).jpg

これはすごい!!ということになり、慌てて写真を撮ったのです。

何がすごいかと言うと、日付が入っているのです。

このような商品に同封する案内状や挨拶状のようなものは、同じものを大量に
印刷して、それを梱包時に封入していくのが通常の方法です。

しかしこの赤福は日付が入っている。

ということは、365日分、365種のお便りを作っているということexclamation×2


この業界に属している方はおわかりになると思いますが、これをオフセット印刷で
刷るのはけっこう大変あせあせ(飛び散る汗)

制作時の文字校正も、同じような文字を校正しないといけないから、
目がチカチカして辛そうあせあせ(飛び散る汗)

検版する製版の方も、印刷のオペレーターさんも、確認作業大変そうあせあせ(飛び散る汗)

断裁して梱包する現場の方も、中身を間違えないようにするの大変そうあせあせ(飛び散る汗)



赤福を梱包する現場の方も、日付が間違い無いか確認しながら入れられているはずexclamation×2


色々と勝手に想像しましたが、全てはお客様の笑顔のため。

丁寧な仕事ぶりが伝わってきます。

こんなの頂いたら、「また買おう」という気持ちにさせられますね。

商品名に「ほまれの」が入るのも伺えます。


私たちも、赤福さんの企業姿勢を見習いたいと思います目


ちなみにこのお便りは「伊勢だより」というそうです。


お土産に下さったS様、ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)


posted by しげぷり at 12:35| Comment(0) | おやつのお話